CAMPING CAR
5ea2eef855fa03532169fe78 5ea2eef855fa03532169fe78 5ea2eef855fa03532169fe78

CAMPING CAR

¥4,730 税込

送料についてはこちら

  • S

  • M

  • L

  • XL

※ 2020年6月上旬 〜 2020年6月中旬 発送予定

写真集『LOS ANGELES CAR CLUB』(2016 私家版)からの一枚。 AL STYLE アルスタイル (AAA) 6oz Tシャツ 100 % COTTON S   着丈69.5 身幅46.0 肩幅44.5 M  着丈75.0 身幅50.5 肩幅47.5 L   着丈78.5 身幅55.5 肩幅54.5 XL  着丈82.0 身幅61.0 肩幅61.0 ☆プリントは一枚づつ自分でプリントしています。よって多少のスレやヨレはご容赦ください。 2016年は本を3冊も出した年だった。それまでは日々の請負仕事に追われ、もちろんそれが楽しくて、しばらく誰に頼まれているわけでもないような仕事ができなかった。『POOL』から数えて10年も経ってしまった。この『LOS ANGELES CAR CLUB』は2008年頃からポツポツと出張のたびにとっていた写真。最後に追い込みをかけて、大量に撮影した。100台分のプリントをして、写真集には65台収録されている。  写真はロサンゼルスのフリーウェイを並走して撮ったものだ。なので、誰かに運転してもらい、僕は助手席の窓を開けて写真を撮るというわけ。ワイドレンズを使いたくなかったので、ブローニーサイズのカメラに標準レンズをつけて。車線を3つ挟んで撮る。ということは車線は最低でも5車線必要なのだ。これはつまり、僕が乗車している車は追い越し車線にいて、被写体となる車は大抵一番遅いレーンにいることになる。スピードの落差が大きいので大変危険だ。運転してくれる人の度胸がないと上手くいかないのだ。路上に駐車している面白い車を撮影して回るこの手の写真はよく見かけるが、僕はそれをやりたかったわけではない。狙った車がすぐに出口で降りてしまったり、間の車線に余計な車が入り込んでしまったり、スピードが合わなかったり。撮るのは大変だけど、面白い。そして自分がどんな車に反応して追いかけるのか、それは、自分が社会のどの部分に反応しているのかを知ることだ。撮影しながら、なぜこれを撮影しているのか考えることで自分を知るのである。